ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 消防・防災 > 火災 > たき火による火災の防止について

たき火による火災の防止について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年4月26日更新

たき火による火災が多発しています。

 たき火による火災は大変多く、長野市消防局管内では平成24年から5年連続で火災原因のトップとなっています。さらに昨年は、これらの火災で3名の尊い命奪われています。

屋外焼却は禁止されています。

 屋外焼却は、法律により一部の例外を除き原則禁止されています。ゴミは屋外で焼却せずに、ルールに従って処分してください。

 農作業に伴う剪定枝等の焼却などは例外として認められていますが、火災をおこさないよう細心の注意が必要となります。

たき火の自粛について

 たき火が原因の火災は、風にあおられ周囲の枯草に燃え移ったり、火の粉が飛んだりして起こってしまいます。燃え広がった火が山火事に拡大してしまうと消火が大変難しく、大きな被害につながってしまいます。こうしたことから、禁止されているゴミの焼却をしないことはもちろんですが、例外として認められている農作業に伴う剪定枝等の焼却であっても、風の強い時や乾燥している時、枯れ草などの燃えやすいものがある場所では、たき火を自粛してください。

たき火をする時の注意事項

 農作業に伴う剪定枝等の焼却をする時には、火災にならないように以下の項目を守ってください。

  1. 風の強い時や乾燥している時を避けて行ってください。焼却の途中で風が強くなってきたら中止してください。
  2. 焼却は、燃え移る可能性のある周囲の枯草を刈り取ってから行ってください。
  3. たき火をするときには十分な消火用水を準備し、たき火が終わった後には再び燃え出さないよう、完全に消火をしてください。
  4. いっぺんにたくさん焼却して大火にせずに、小分けにして行ってください。
  5. 焼却中は目を離さずにしっかりと監視をしてください。火をつけたままその場を離れることは絶対にしないでください。

届出について

 農作業に伴う剪定枝等の焼却等を行うときには、「火災とまぎらわしい煙または火災を発するおそれのある行為の届出書」を届出してください。詳しくは、お近くの消防署、消防分署、出張所にお問い合わせください。

枯草火災

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0901 長野市大字鶴賀1730-2
直通
Tel:026-227-8001
Fax:026-228-6772
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る