ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > フォトニュース > 2016年2月のフォトニュース

2016年2月のフォトニュース

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2016年2月29日更新

防災意識の高揚を目指して

 2月29日(月曜)、市役所で、長野市とNTTタウンページ株式会社との「防災啓発情報等に関する協定」の締結式を行いました。

 この協定により、防災情報が掲載されているタウンページと一緒に、長野市避難場所・避難所や公衆電話の設置場所が掲載されている「防災タウンページ」が全戸に配布されます。皆さんも避難場所の確認をするなど、防災意識を高めましょう。

協定書に署名をしている様子

子どもたちに文化芸術を

 2月27日(土曜)、ホクト文化ホールで、「長野市子どものための文化芸術プログラム」を行いました。

 本年度は、シエナ・ウインド・オーケストラによる公演を開催し、会場を訪れた皆さんは、迫力あるオーケストラの演奏を聴いたり、指揮者体験などで演奏に参加したりして、音楽を楽しんでいました。

指揮者体験をしている様子

全国植樹祭開催まであと100日

 2月26日(金曜)、長野市役所第二庁舎に、「第67回全国植樹祭ながの2016」の開催を歓迎して横断幕を掲出しました。

 この植樹祭は6月5日(日曜)に長野県内で開催され、長野市ではエムウェーブで記念式典、茶臼山自然植物園で植樹が行われます。

全国植樹祭ながの2016(外部リンク) 

横断幕が掲出されている様子

全国の強豪を相手に活躍しました

 2月25日(木曜)、全国中学校スケート大会で、決勝に進出した長野市の選手6人と関係者の皆さんが加藤市長を訪問して、大会の結果を報告しました。

 選手の皆さんは、それぞれの成績の報告とともに、「悔いの残らないレースができた」「来年も納得のいくレースができるようがんばりたい」などと話していました。

 選手の皆さんが加藤市長に大会の結果を報告している様子

3月市議会が開会しました

 2月25日(木曜)、市役所第一庁舎の新しい議場で、平成28年3月市議会定例会が開会しました。会期は3月22日(火曜)までで、平成28年度当初予算案などが審議されます。

 本会議は、どなたでも傍聴できます。

3月市議会初日の様子

野生鳥獣の被害防止に向けて

 2月23日(火曜)、中条公民館で、「野生鳥獣による農作物被害を考える集い」を開催しました。

 中山間地域を抱える市内13地区の住民自治協議会と19地区の有害鳥獣対策協議会、各地区の猟友会の皆さんなど約100人が参加しました。

 参加した皆さんは、「捕獲優先の施策を行ってほしい」「新たな食肉加工施設の整備を早急に進めてほしい」などと意見を交わしていました。

野生鳥獣の集いの写真

安全な雪かき方法を学ぶ

 2月20日(土曜)・21日(日曜)、鬼無里地区で、雪かきボランティアを受け入れるきっかけづくりとして「雪かき道場in鬼無里」が開催されました。

 県内外から参加した約30人の皆さんは、講師から雪の特性や効率的で安全な雪かきの方法などを学んだり、雪かきを実践したりしました。

雪かきを実践している様子

ニホンジカ集中捕獲に向けて

 2月20日(土曜)から、市内の12地区で、ニホンジカによる農作物被害の防止を目的とした個体数調整(捕獲)が始まりました。

 これは、各地区の有害鳥獣対策協議会などが取り組む事業で、初日は、加藤市長が戸隠地区を訪れ、安全に実施し、成果が上がるよう、猟友会はじめ参加する皆さんを激励しました。

戸隠で猟友会の皆さんと加藤市長が話している様子

クリアウォーター市への出発を前に

 2月18日(木曜)、姉妹都市の米国クリアウォーター市へ派遣される中学生訪問団の皆さんが、加藤市長を表敬訪問しました。

 訪問団は市内の中学2年生12人と引率者2人で、2月27日(土曜)から9日間の日程で派遣されます。生徒の皆さんは、「出会いを大切にし、たくさんのことを吸収したい」「失敗を恐れず、自分から話し掛けたい」などと抱負を語っていました。 

クリアウォーター市へ派遣される中学生たち

包括外部監査の結果報告

 2月18日(木曜)、平成27年度包括外部監査の結果報告がありました。

 「指定管理者制度の運用について」をテーマに監査が行われ、外部監査人の野本博之公認会計士が加藤市長に監査の概要を報告しました。

野本外部監査人が加藤市長に包括外部監査の結果を報告している様子

長野市立図書館基本計画策定委員会からの答申

 2月18日(木曜)、長野市立図書館基本計画策定委員会の高橋渉委員長から、近藤教育長へ答申がありました。

 答申は、長野市立図書館基本計画についての内容で、市ではこの答申を基に、市民が利用しやすい図書館を目指した計画の策定を進めていきます。

高橋委員長から近藤教育長へ答申書が手渡されている様子

連携中枢都市宣言を行いました

 2月17日(水曜)、長野市役所で、平成27年度第2回長野地域連携推進協議会を開催し、長野市長が「連携中枢都市宣言」をしました。

 人が賑(にぎ)わい、子どもの笑顔があふれ、活気に満ちた圏域の実現に向け、本市が中心的な役割を担い、長野地域9市町村(長野市、須坂市、千曲市、坂城町、小布施町、高山村、信濃町、小川村、飯綱町)がスクラムを組んで取り組みます。

長野地域9市町村長などがスクラムを組んでいる様子

長野市スポーツ推進審議会からの答申

 2月17日(水曜)、長野市スポーツ推進審議会の土屋龍一郎会長から加藤市長へ、市内スポーツ施設の使用料について答申がありました。

 スポーツ施設の継続的かつ適切な維持管理の必要性から、適正な利用者負担を求めるという内容で、市では、この答申を踏まえ、料金改定に向けた手続きを進めていきます。

土屋会長から加藤市長へ答申書を渡している様子

近代の商家の暮らしを知る

 市立博物館では、2月21日(日曜)まで、企画展示「伊勢町八田家」を開催しています。

 江戸時代に松代藩の御用商人として呉服屋などを営み、藩政を財政的に支えた伊勢町八田家。その近代の暮らしを物語る貴重な品々と、八田家と交流が深かった佐久間象山のゆかりの品などを紹介しています。ぜひご覧ください。

市立博物館ホームページ(外部リンク)

市立博物館企画展示の様子

市内酒蔵の日本酒を楽しむ

 2月6日(土曜)から13日(土曜)まで、ぱてぃお大門蔵楽庭で、「ながのSAKEフェス」を開催しました。

 12日・13日に開催した、市内7蔵・7銘柄の日本酒の飲み比べイベント「蔵楽庭で飲み比べ」には多くの人が訪れ、各蔵の日本酒を味わっていました。

蔵楽庭に訪れている人たち

蔵楽庭で飲み比べされた日本酒

長野灯明まつり開催中

 2月14日(日曜)まで、善光寺周辺で「第13回長野灯明まつり」を開催しています。

 また、13日(土曜)16時からは、トイーゴ広場で「長野市民平和の日のつどい」を開催します。平和の折り鶴や灯(あか)りのオブジェの展示、長野市民栄誉賞を受賞した元オリンピック選手の新谷志保美さんのトークショーなども行いますので、ぜひお出掛けください。

表参道のあかり

長野市総合計画審議会から答申

 2月10日(水曜)、長野市総合計画審議会の三浦義正会長から加藤市長へ、長野市まち・ひと・しごと創生総合戦略(案)の答申がありました。

 同総合戦略(案)は、長野市創生に向けた施策の方向性を示す平成31年度までの計画です。

三浦会長から加藤市長へ答申書を渡している様子

農産物の地産地消に向けて

 2月10日(水曜)、長野市産の農産物の消費拡大や販路拡大、地産地消の推進を目的として、「第6回地産地消ながの情報交換会」を開催しました。

 農業生産者や加工事業者など131団体の皆さんが参加し、展示ブースでは、活発に情報交換や商談が行われていました。 

地産地消ながの情報交換会の様子

多様で柔軟な働き方をたたえて

 2月9日(火曜)、長野市役所で「平成27年度長野市男女共同参画優良事業者」の表彰式を行いました。

 本年度は、性別にとらわれない職域の拡大を積極的に行った「川中島建設株式会社」が優良事業者賞を受賞し、加藤市長から賞状と盾が贈られました。

出席者の集合写真

市役所旧第一庁舎で災害対応訓練

 2月9日(火曜)、解体工事中の市役所旧第一庁舎を活用して、長野市消防局の救助隊員が震災および火災対応訓練を行いました。

 訓練では、大規模な地震によるビルの倒壊や高層ビルでの火災を想定して、鉄製防火戸を手工具を使用して開放することなどを行いました。

防火戸を開ける消防隊員

大船渡市の皆さんが来庁

 2月8日(月曜)、岩手県大船渡市から戸田公明市長(写真前列左から4人目)をはじめとする大船渡市の皆さん12人が加藤市長を表敬訪問しました。

 大船渡市の皆さんは、「2015善光寺表参道秋まつり(平成27年10月4日)」に合わせてセントラルスクゥエアで開催された「大船渡さんま祭り」のお礼やこれからの経済交流などについて話していました。

大船渡市の皆さん

平和の明かりで平和を願う

 2月6日(土曜)、善光寺周辺で「第13回長野灯明まつり」が始まり、初日は善光寺山門で特別ライトアップが行われ、その光の演出は訪れた皆さんを魅了していました。
 2月14日(日曜)までの期間中は、「善光寺ゆめ常夜灯」や「ゆめ灯(あか)り絵展」など、さまざまな催しが開催されます。ぜひお出掛けください。

第13回長野灯明まつりホームページ

長野灯明まつりの善光寺山門のイルミネーションの様子

中国スキー協会の皆さんが来長

 2月4日(木曜)、戸隠スキー場でスキーとスノーボードの検定を受ける中国スキー協会のメンバー3人(写真左から4人目、左から5人目、右から3人目)が、加藤市長を表敬訪問しました。

 中国スキー協会の皆さんは、「戸隠スキー場の雪質は素晴らしかった」などと話していました。

加藤市長と中国人スキーヤー

長野市社会福祉審議会からの答申

 2月4日(木曜)、長野市社会福祉審議会から加藤市長に答申がありました。

 答申事項は、「第三次長野市地域福祉計画の策定について」、「長野市障害者基本計画の中間見直しについて」など合わせて6項目です。市では、これらの答申を尊重して各施策を進める予定です。

長野市社会福祉審議会増山委員長から加藤市長へ答申書が渡されている様子

地域の復興を願って

 平成26年11月に発生した長野県神城断層地震で被災した鬼無里地区の復興を願い、鬼無里支所一帯で「鬼無里アイスキャンドル2016」が開催されています。

 地域住民の協力を得た鬼無里中学校の生徒が、アイスキャンドル約800個を並べました。キャンドルの柔らかな明かりは、2月4日(木曜)も一帯を照らします。

鬼無里アイスキャンドル2016の様子

氷上で華やかに咲きました

 2月2日(火曜)、「第36回全国中学校スケート大会」の閉会式が行われました。

 スピードスケート競技の学校対抗では、男子は長野県の川上中学校が、女子は長野県の茅野北部中学校(写真)が優勝しました。

スケート競技閉会式の様子

 フィギュアスケート競技でも、男女の表彰式が行われました。
 男子は山隈太一朗選手(芦屋国際中学校3年、写真中央)が、女子は樋口新葉選手(開智日本橋中学校3年)が優勝しました。

フィギュアスケート競技表彰式の様子

市内中学生の優勝・準優勝続く

 2月2日(火曜)、エムウェーブで行われた「第36回全国中学校スケート大会」のスピードスケート競技女子1000メートルで、宮川鈴佳さん(北部中学校1年)が優勝し、同競技女子3000メートルで小山香月さん(東北中学校3年)が準優勝しました。

宮川さんが力強く滑る様子

  • 宮川さんが力強く滑る様子

市内の中学生が活躍

 2月1日(月曜)、「第36回全国中学校スケート大会」のスピードスケート競技女子1500メートルで、小山香月さん(東北中学校3年、写真中央)が優勝、宮川鈴佳さん(北部中学校1年、写真左)が準優勝し、市内の中学生2人が表彰台にのぼる快挙を成し遂げました。

 また、同競技の男子5000メートルでは、伊藤誠悟さん(広徳中学校3年)が5位に入賞するなど、活躍しています。

全国中学校スケート大会(外部リンク) 

全国中学校スケート大会のスピードスケート競技女子1500mの表彰式の様子

熱い戦い!全中スケート大会

 2月1日(月曜)、開催3日目となる「第36回全国中学校スケート大会」は、エムウェーブとビッグハットを舞台に熱戦が続いています。

 1月30日・31日にエムウェーブで行われたスピードスケート競技の予選では、長野市から7種目6人の選手が決勝に駒を進めました。

全国中学校スケート大会(外部リンク) 

スピードスケート競技男子3000m予選の様子

  • スピードスケート競技 男子3000m予選

フィギュアスケート競技女子ショートプログラムの様子

  • フィギュアスケート競技 女子ショートプログラム
このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
直通
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る