ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

障害のある方へのご案内

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年10月3日更新

 投票所における制度等

点字投票

目の不自由な方のために、投票所には「点字器」と「点字用投票用紙」を備えています。
必要な方は投票所の係員にお申し出ください。使い慣れた点字器をお持ちいただいても結構です。

代理投票

字を書くことが困難な方のために、投票所の係員2名が選挙人ご本人の意思を確認して代筆する「代理投票」制度があります。必要な方は投票所の係員に申し出てください。必ずご本人が投票する候補者等を指示していただく必要があります(ご本人の意思表示がないと代理投票はできません)。
なお、ご家族の方や付き添いの方が代筆することはできません。

 コミュニケーションボード

投票するときの、簡単な質問と回答を視覚的にまとめた「コミュニケーションボード」を投票所及び期日前投票所に備えます。言葉が不自由な人や聴覚障がいをお持ちの方と、投票事務従事者のコミュニケーションを円滑にするためのものですのでご利用ください。
コミュニケーションボード [PDFファイル/305KB]
 

車いすの利用(一部の投票所を除く)

投票所内には車いすで入場することができます。また投票所には車いすを備えていますので、必要な方は投票所の係員に申し出てください。
なお、ハンドル型の電動車いす(シニアカー)の投票所内への入場はご遠慮ください。
中山間地域の小規模な投票所など段差の解消ができていない場合があります。その場合、投票所の係員が介添等いたしますので、遠慮なく投票所の係員に声をかけてください。

期日前投票所の利用

市役所本庁(第一庁舎)に公(告)示日の翌日から投票日の前日まで、期日前投票所を設置します。また投票日直前の火曜日から金曜日まで、市内の全支所27ケ所に期日前投票所を設置します。
市役所・支所は、おおむねバリアフリー化されています。投票日の投票所は施設の都合によりバリアフリーとなっていない場合がありますので期日前投票をご利用くださいますようお願いします。

不在者投票について

在宅における郵便等投票

身体障害者手帳などの交付を受けている方のうち、一定の要件を満たす方がご自宅で投票することが出来る「郵便等投票」制度があります。点字投票はできませんが「代理記載」制度があります。いずれも事前に申請が必要です。
詳しくはこちらをご覧ください。郵便等による不在者投票のページへ

病院・老人ホーム等における投票

長野県選挙管理委員会の指定を受けた施設に入院・入所されている方は、その施設において不在者投票することができます。
詳しくはこちらをご覧ください。指定施設での不在者投票のページへ

 

視覚障害のある方のための選挙公報について

音声朗読選挙公報(一部の選挙を除く)

候補者の政見等を記載した選挙公報について、目の不自由な方のために記載内容を録音した朗読CDを作成しています。希望者には郵送いたしますので、新たに送付を希望される方は長野市選挙管理委員会に電話でお申し込みください。一度申し込んでいただければ以後の選挙では申し込み不要です。

音声朗読テープ作成の有無(予定)

選挙名

有無

作成者

衆議院選挙

小選挙区

長野県選挙管理委員会

比例代表

×

参議院選挙

長野県選挙区選出

長野県選挙管理委員会

比例代表

県知事選挙

長野県選挙管理委員会

県議会議員選挙

×

市長選挙

長野市選挙管理委員会
朗読ボランティア「やまびこ会」の
ご協力をいただいています

市議会議員選挙

 

選挙公報の点字版(一部の選挙を除く)

候補者の政見等を記載した選挙公報について、目の不自由な方のために点字版を作成しています。「点字版広報ながの」送付先にはお送りしています。
希望者には郵送いたしますので、新たに送付を希望される方は、長野市選挙管理委員会に電話でお申し込みください。一度申し込んでいただければ以後の選挙では申し込み不要です。

選挙公報は、候補者の作成した原稿をそのまま印刷しますので、立候補の届出日=「公示・告示日」から作成するものです。選挙公報の点字版作成にはおおむね1週間かかります。したがって「公示・告示日」から投票日までの期間が短い選挙の場合、対応が困難であることにご理解をお願いいたします。

選挙公報点字版作成の有無(予定)

選挙名

有無

作成者

衆議院選挙

小選挙区

長野県選挙管理委員会

比例代表

参議院選挙

長野県選挙区選出

長野県選挙管理委員会

比例代表

県知事選挙

長野県選挙管理委員会

県議会議員選挙

×

市長選挙

×

長野市選挙管理委員会

市議会議員選挙

×

 「公示と告示」
国政選挙は「公示」、地方選挙では「告示」と言いますが、どちらも公の機関が一定の事項を広く公衆が知りうる状況におくことです。国政選挙では天皇が内閣の助言と承認によって期日を定めて、詔書をもって「公示」を行います。地方選挙では、その選挙を管理する選挙管理委員会が選挙の期日を定めて「告示」します。
選挙は、その期日の「公示・告示」が行われることで具体的にスタートし、立候補の受付や選挙運動が開始されることになります。


 

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
第二庁舎 8階
直通
Tel:026-224-5058
Fax:026-224-5120
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る